【2019年版】dodaチャレンジの評判・口コミ。面談についても詳しく解説!

▼この記事を書いた人
 saki

初めまして。sakiと申します。

精神障害者保健福祉手帳の3級を持っていて、dodaチャレンジ(デューダチャレンジ)で求人も定期的に紹介してもらっていました。

今回はそんなdodaチャレンジの評判・口コミを紹介します。

dodaチャレンジを利用した感想や面談についても書いていきます。

dodaチャレンジの公式サイトはこちら

dodaチャレンジの評判

まずdodaチャレンジの口コミ・評判を紹介します。

dodaチャレンジの評判は概ね良好です。

私もdodaチャレンジで定期的に求人を紹介してもらっていましたが、希望に沿った良い求人も多く、他のサービスと比較しても特に悪い面はありませんでした。

口コミの中に「サイトが重い」というものもありましたが、私はあまり重さは感じませんでした。ただ、サイトの閲覧環境によってはそう感じる可能性もあると思います。

また、「担当者が親切で助かる」という口コミもありましたが、これは私もそう感じました。自分の希望、疑問に思っていることなど、何でも聞けます。

ちなみにdodaチャレンジは社員のうち、約65%の方が障害者手帳を保持している方です。

身体障害、精神障害、発達障害、知的障害、それぞれの専門チームが在籍していて、就職・転職をサポートしてくれます。

実際のところ担当者(キャリアカウンセラー)の当たり外れはあるかもしれませんが、dodaチャレンジは担当者に関しても基本的に良い口コミが多いので、そこまで外れの担当者はいないと思います。

私の担当者もうつ病への理解が深く、比較的信頼できる方でした。もし担当者と合わないと感じる場合は、変更することもできます。

dodaチャレンジは完全無料で利用できますし、とりえあず利用して損のないサービスだとは思います。

私の経験上、紹介してもらえる求人も結構良いです(dodaチャレンジの求人は、サイト上に公開されていない非公開求人が8割~9割です)。

口コミにもありましたが、中には年収500万円以上の求人などもあります。

まずは登録してみることをオススメします。

dodaチャレンジの登録は公式サイトから可能です。

dodaチャレンジの公式サイトはこちら

dodaチャレンジは完全無料

先にも触れましたが、dodaチャレンジの料金は完全無料です。

どれだけ利用しても料金は一切掛かりません。

これはdodaチャレンジに限らず、転職・就職サービスは大抵そうです。

ハローワークが求職者側からお金を取らないのと同じです。

転職・就職サービスは、求人を載せている企業側からお金を受け取っています。

そのため求職者側は完全無料で使い倒せます。というか、使い倒しましょう!

複数の転職・就職サービスを併用しても、もちろん構いません。

dodaチャレンジ以外の障害者向けの転職・就職サービスとしては、atGP(アットジーピー)なども比較的おすすめです。

ただ、個人的にはdodaチャレンジのほうが良い案件を見つけやすかったです。結局、入社したのもdodaチャレンジ経由の案件です。

※ちなみに入社後も、希望者は1ヶ月、3ヵ月経ったタイミングで、就労に際して困っていることがないかなどを相談できます。

また、dodaチャレンジは在職中でも、退職後でも、就業経験なしでも問題なく利用できます。

就職・転職するべきかどうか自体を悩んでいてもOKです。

無料ですし、まずは気軽にdodaチャレンジを試してみることをおすすめします。

dodaチャレンジの公式サイトはこちら

dodaチャレンジの面談について詳しく解説

dodaチャレンジの面談についても詳しく解説します。

dodaチャレンジの面談は登録後に受けることができます。

・対面式の面談
・電話面談
・チャット面談
・テレビ電話面談

などがあります。

面談は完全予約制です。

登録後にdodaチャレンジから連絡があるので、希望の日を決められます。

面談の時間は約2時間ほどです。

対面式の面談の場合、本社(田町)、東京(丸の内)、関西オフィス、中部オフィスでのいずれかで行います(個室です)。

一人での面談が困難な場合、家族や支援者の方が同席できます。

面談は担当のキャリアアドバイザーの方と行います。

私の担当者の場合、これまでの経緯や希望の条件など、結構色々と話を聞いてくれました。あと、かなり丁寧な女性の方で、話しているうちに緊張も解けました。

また、気になることや聞きたいことがあれば、こちらから何でも聞いてOKです。

就職・転職に関する不安や悩みなどを相談しても全然構いません。私はそもそも転職した方が良いのかどうか等も相談しました。

dodaチャレンジを利用する上で、担当の方が合わなければ変更しても構いません。気楽にいきましょう。

順番としては、登録→面談→求人紹介となります(定期的にメール等で求人紹介してくれます)。

まずはdodaチャレンジに登録してみましょう。面談も気軽に受けてOKです。

dodaチャレンジの公式サイトはこちら

dodaチャレンジに登録した後の流れ

dodaチャレンジに登録した後の流れを紹介します。

dodaチャレンジに登録した後は、まず面談を受けます。

面談を受けたあとは、定期的にメールで求人を紹介してもらえます。

私の経験上、dodaチャレンジは結構良い求人が多いです。正直、登録したほうが良いと思います。

そして「これだ!」と思う企業があれば、応募して選考・面接を受けます。

応募の際は、キャリアアドバイザーの方が履歴書・職務経歴書に推薦状を添えて企業に提出してくれます。

ちなみに応募企業とのやり取りは、全てdodaチャレンジが代わりに行ってくれます。

たとえば応募後の面接日程調整なども、キャリアアドバイザーが間に立って行ってくれます。

応募書類(履歴書・職務経歴書)に関して、希望ならキャリアアドバイザーに添削してもらえます。

面接に関しても、希望なら模擬面接を行ってくれます。もちろん希望ならで構いません。

面接後は、dodaチャレンジが企業側に聞いて、自分が評価されたポイントなどをフィードバッグしてもらえます。なので面接に落ちても今後に活かせます。

内定をもらえた後も、在職中の場合などは、現在の職場を円満退社するためのポイントなどをキャリアカウンセラーに教えてもらえます。

入社後も、希望者は1ヶ月、3ヵ月経ったタイミングで、就労に際して困っていることがないかなどを相談できます。

こうやって書くと至れり尽くせりですが、実際に至れり尽くせりです。

利用しない手はないです。

まずは公式サイトから登録してみましょう。

dodaチャレンジの公式サイトはこちら

dodaチャレンジとは

dodaチャレンジとはどういったサービスなのかについても簡単に紹介します。

dodaチャレンジとは、パーソルグループが運営する障害者のための転職・就職サービスです。

業界最大手であり、求人案件の数も多いです。

また、求人案件の8割~9割がサイト上には公開されない非公開案件です。

登録の条件は、「障害者手帳をお持ちの方」または「障害者手帳を申請中の方」です。

ここでいう障害者手帳とは、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(愛の手帳)のことを指します。

発達障害の方は、知的に遅れがない場合は精神障害者保健福祉手帳を、知的に遅れがある場合は療育手帳を取得できます。

もし障害者手帳をお持ちでない方は、申請を行うか、同グループが運営しているdodaを検討するのもアリです。

dodaチャレンジの特徴

dodaチャレンジの特徴は以下の通りです。

▼dodaチャレンジの特徴

・比較的良い求人案件が多い
※紹介してもらえる求人案件の数が多いため、私は良い求人案件も多いと感じました。

・完全無料で利用できる

・障害の種類に関わらず登録OK
※身体障害者、精神障害者、発達障害者、知的障害者、それぞれの専門チームが在籍しています。

・在職中でも退職後でも利用OK

・就業経験なしでも利用OK
※就業経験なしの方、学生の方、新卒の方でも利用できます。ただし現在の状況によっては、すぐに紹介できる求人がない場合もあります。

・担当のキャリアカウンセラーの変更も可能
※もし合わなければ変更して構いません。

・フォローが比較的手厚い
※より詳しくは「dodaチャレンジに登録した後の流れ」で紹介しています。

・そもそも就職・転職すべきか悩んでいる方でもOK

完全無料で利用できるので、気軽に利用してみましょう。

dodaチャレンジの公式サイトはこちら

dodaチャレンジのQ&A

以下はdodaチャレンジのQ&Aです。

Q. 障害者手帳は必須?

dodaチャレンジは障害者手帳を保有中、もしくは申請中の方が登録できます。

そのため障害者手帳を申請中の状況であれば、dodaチャレンジに登録はできます。

ただし、障害者雇用枠で働きたい場合、やはり障害者手帳は必須といえます。

Q. dodaチャレンジに利用制限はある?

障害者手帳を保有している(もしくは申請している)方であれば、どなたでも利用可能です。

障害の種類による制限も一切ありません。

・在職中の方
・退職した方
・就業経験のない方
・学生・新卒の方
・転職・就職を悩んでいる方
など

どのような方でも利用できます。

ただし、障害の内容によっては、すぐに紹介できる求人がない場合があります。

Q. dodaチャレンジと他の転職・就職サービスの併用はできる?

何の問題もなく併用可能です。

以上、dodaチャレンジの評判・口コミ、面談の感想等についてでした。

参考になれば幸いです。

dodaチャレンジの公式サイトはこちら